funny.js ripple

losand

License: MIT License

Fork
1
Fav
0
View
861
  • Play

Fullscreen

Smart Phone

Fork tree

  • Readme
  • ES6 24 lines
  • HTML 0 lines
  • CSS 26 lines
funny.jsでは、様々な形でのイテレータを用意しています。

Iterable.each((key, value) => {
反復処理。
});


この時の反復処理の対象は、Object, Array, NodeListとしています。
そしてその動作基準は配列を処理するときと変わりありません。

メソッドのチェーンを組むために、殆どのオブジェクトで返答が必要ない場合はそのオブジェクトをそっくり返すように出来ています。

今回は、for文を使う代わりのloop文です。

loop(start)(goal)(step)((n) => console.log(n));

と言った具合で使えます。

  • funny.js ripple
  • elements.js with funny.js
  • funny.js
  • funny.js ripple
  • funny.js
  • fork : sanitize.css

play

Complete!

Description What kind of game?

Control Device

jsdo.it websocket controller

Mouse

keyboard

smartphone

Fullscreen

losand

Author

自作ライブラリのテスト環境として利用しています。

losand.jsの設計理念。 ブラウザベースのjavascriptはブラウザによる制約が強いのが現状です。

javascriptがブラウザを意識することなくコーディングできるとしたら? javascriptがブラウザを意識することなく動作するとしたら?

de.jsは、MS Edge に対応いたしました。 WebRTC周りの動作は確認に至っておりませんが、 その他の使用については、差し支えないと思われます。

以下、ソースの例ですが、

var Test = function () { (this).draw([ 3, 4, 5, 6 ]) }.({ click (e) { this.outer.$(this.toArray.pull(br).push(br)); } }); $.body.$(button.$);

という書き方も出来ます。

基本は、 _がデータを指し、 $が見た目を指す という考えです。

Default Panel

Size

  • Width: px
  • Height: px

code

QR Code

Discussion

Questions on this code?

Tags

Forked

sort by