blades

実験&サンプル&個人制作投稿用。

JAM Session3 Gold

Works

TriggerHappyButton トリガーハッピーボタン

This is my first time playing around with the tag. I enjoyed making this one very much... Note that you can see the jsdo.it through bullet holes=) Please enjoy!! [How to Use] Press the SHOOT button to fire. You can select between 4 firing modes(safe/semi/3-burst/full) with the selector switch on the left side of the button. Calibers are also selectable by toggling the slide switch on the other side. [Compatible Browsers] Firefox, Safari and Chrome [Added on Dec 3, 2010] Thank you for the gold prize!! I appreciate those faves and forks very much. Please do look forward to the next ones!! -------------------------------------------------------------------------------- 趣味全開のトリガーハッピーボタン。 canvasタグのテストもかねて作ってみました。 ポイントは弾痕の向こうが透ける点!! 日々のストレス解消にぜひご利用ください。 【使い方】 ・SHOOTボタンを押すと発射です。 ・SHOOTボタン左のつまみで安全、セミ、3点バースト、フルの切り替えができます。 ・CAL.と書かれたスライダーで口径を選択できます。 【対応ブラウザ】 Firefox/Safari/Chrome 【追記 on Dec 3, 2010】 金賞を頂きました。ありがとうございます!! favorite/forkもありがとうございました。 今後の作品にもぜひぜひご期待下さい!!

  • 62533
  • 21

DATA URI Playground

DATA URI Playground is a Drag&Drop-based web app where you can convert any local resources to DATA URI(...and vice versa). [How to convert resource to DATA URI] Drag&Drop any local resources to the browser. [How to reconvert DATA URI back to resource] Enter DATA URI to the right side textarea. (There're some problems in reconverting multibytes resources, which is to be fixed later) [How to reset] Reload or clear the right side textarea. [Compatible browsers] Firefox and Chrome (If using Chrome, go to http://jsrun.it/blades/datauriplayground/ ) ---------------------------------------------------------------------- 画像などのリソースをDATA URIに変換(&逆変換)するアプリです 【DATA URIに変換】任意のファイルを画面にドラッグ&ドロップしてください。 【リソースに逆変換】右側のテキストエリアにDATA URIを入力してください。(日本語一部文字化けあり:後日修正予定) 【リセット】リロード/右側のテキストエリアをクリアしてください。 【対応ブラウザ】 Firefox/Chrome ※Chromeの方はこちら↓↓で!! http://jsrun.it/blades/datauriplayground/ ↓こちらにも置いてあります。 http://www.blades.co.jp/applications/datauriplayground/

  • 11314
  • 13

YQL利用外部ドメイン画像処理 Cross-domain image-processing using YQL

After drawing an image from a different domain onto a canvas, you can no longer access its ImageData object because of the same-origin-policy. I was having a tough fight with this problem for a few days, to find out that the YQL returns DATA URIs!! So, here's a sample of extracting the edge of an image from a different domain, using YQL. (Playing around with Twitter icons may be interesting...) -------------------------------------------------- 通常、canvasに外部ドメインの画像を描画してしまうとsame-origin-policyのせいで描画コンテキストのImageDataにアクセスできなくなってしまいます。 これをどうにか打破できないかと試行錯誤していたのですが… なんと、YQLで画像のDATA URIを取得できるっぽい。 というわけで、jsrun.itからjsdo.itの画像を取得しエッジ抽出するサンプルを作ってみました。 (twitterのアイコン画像とかでやっても面白いかもしれません。。。)

  • 5897
  • 6

Skills

Awards

Hot tags

Categories

HTML / CSS / JavaScript